JANコード検索できるじゃんじゃん検索

商品検索


このサイトはAmazonWebServiceを利用して作成されたAmazonで取り扱いがある商品のデータベースサイトです。

JANコードがある商品ならJANコードが表示されます。

またAmazonの商品コードASINからJANコードを調べたり、JANコードからASINを調べることができます。

JANコードというはバーコードの下の数字です。世界ではEANコードと言います。日本ではJANコード。書籍ではISBNコード(旧ISBNは10桁のISBN-10)と呼ばれています。

 

多くのネットショッピングユーザーはamazonか楽天市場かヤフーショッピングを利用していると思います。

このサイトではJANコードを検索キーワードにしてAmazonと楽天市場とYahoo!ショッピングの検索結果のページにジャンプできます。

JANコードがない商品でも商品個別ページに商品名やメーカー型番をキーワードにしたAmazonと楽天市場とYahoo!ショッピングの検索結果ページへのリンクを用意しています。

電子書籍デジタルミュージックやアプリなどのダウンロード商品やギフト券などは楽天市場とヤフーショッピングへのリンクはありません。

 

価格コムなど多くのショップの価格を安い順に一覧できるタイプのサイトは最安価格確認に便利ですがタイムラグがありデータが古くなっていることもあります。

表示されている最安ショップの商品がすでに在庫切れになっていたり、一覧にはないショップがもっと安い価格になっていることもあります。

ページを表示したときに自動的にAmazonと楽天とYahooにアクセスしてリアルタイム情報を同一ページに表示するブラウザのプラグインは、ユーザーが意図せず自動的に通信するし、特にスマホユーザーのパケットを無駄に仕様しかねないのでそういうユーザーはこのサイトの仕様が合っていると思います。

注文してからもっと安いショップがあったことに気づくともったいないので注文する直前にamazonと楽天市場とヤフーショッピングで最新情報を確認するときにこのサイトを利用してください。

 

商品の在庫の豊富さと送料も含めた価格を考慮するとAmazonが在庫有りで最安値の場合が多いです。

各商品のAmazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングのリンク先にはレビュー口コミ情報があるので参考になるでしょう。

AmazonはAmazon販売発送商品以外に参加ストアの価格や送料が表記されたページが用意されています。楽天市場は『商品価格ナビ』に登録されている商品なら価格比較ができます。Yahoo!Shoppingは『この商品の最安値をみる』という項目がある商品なら送料やポイントも考慮した価格比較ができます。

 

スマホでバーコードの写真を撮ってJANコードで検索できるアプリがありますが、実店舗ではバーコード画像認識で検索するよりもJANコードを入力して検索するほうがいいでしょう。

レスポンシブデザインでバナー広告など画面を専有するような余計な広告は一切ないのでスマートフォンでも見やすくなっています。